体験申込み


活版印刷で美濃和紙名刺づくり

活字を拾って刷る活版印刷で美濃和紙名刺づくり
講師:ORGAN活版印刷室 直野香文

NEW!!
『美濃手漉き和紙で活版名刺をつくろっ!』
◆日時:1月19日(土)13:00~18:30
◆場所:ORGAN活版印刷室(てしごと町家CASA内)
◆料金:10,000円
(美濃手漉き和紙 25枚、洋紙 25枚 合計50枚)

*ご予約方法*
◆お電話→09014783156
【ORGAN活版印刷室 直野香文(なおのかふみ)】までお電話ください。

◆mail→kappan@organ.jpまで、ご連絡ください!

*詳細は下記をクリック*


岐阜和傘糸かがり体験

岐阜和傘糸かがり体験

NEW!!

『女和傘職人と自分だけの岐阜和傘糸かがり体験 』
◆開催日:①2/23(土) ②2/24(日)
◆時間:13:00~17:30
◆定員:両日各3名
◆場所:長良川てしごと町家CASA【てしごとスペース】
◆体験料:41,000円
(和傘はお持ち帰りいただきます)
◆講師:仐日和 河合幹子

※お好きな和紙の柄を事前にお選び下さい。

*ご予約は下記をクリック*


女和傘職人と自分だけの岐阜和傘糸かがり体験 in CASA

岐阜を代表する伝統工芸品と言えば、『岐阜和傘』。日本の和傘の9割近くは岐阜で作られていることをご存知ですか?  長良川流域は、原料となる良質な美濃和紙や竹、柿渋、えごま油が豊富に入手しやすかったことから地場産業として和傘づくりが栄え、明治~昭和20年代は、月に100万本を超える生産量を誇る一大生産地でした。洋傘の普及とともに現在は、職人も減り、材料も入手困難に陥る中、伝統を受け継ぎ新たな和傘づくりを担う若手の女性和傘職人が活躍しています。今回は、最年少和傘職人である傘日和の河合幹子さんに『糸かがり』の工程を学びます。糸かがりとは、傘が開きすぎないよう傘骨の補強をするものですが、装飾でもあるため、地域によって糸の色や模様は様々で、特徴が現れます。「開けば花、閉じれば竹」とうたわれる和傘の美しさに、大きな役割を果たします。※事前に和傘の仕上げが必要なため、和傘の柄は各1点のご用意になります。ご希望の柄を必ず申込時にご記入ください。(先約順) 2/23,24 仐日和 各画像をクリックすると大きい画像をご覧いただけます。  【 オレンジ緑丸 】 【 青丸 】 【 ブルー花柄 】 【 カラフル四君子 】 【 ストライプチャコールグレー 】 【 シラサギ 】 長良川てしごと町家CASA『和傘CASA』にて岐阜和傘販売中» 「和傘CASA」Instagram

nagaragawa.onpaku.asia


木のかけらからマイスプーンを作ろう

木のかけらからマイスプーンを作ろう
講師:ミナト製傘合同会社 多和 寛


ぎふ提灯の絵付け体験

ぎふ提灯の絵付け体験
イチから自分で作るミニぎふ提灯
講師:株式会社ジャパン・ランタン・インダストリー
   山下 章


自分だけの和綴じノートづくり

製本職人に教わる自分だけの御朱印帳づくり
製本職人に教わる自分だけの和綴じノートづくり
講師:有文堂 有藤俊二


若手鵜籠職人と青竹を割って竹かごづくり

若手鵜籠職人と青竹を割って削って竹かごづくり

講師:安藤竹細工店 安藤千寿香